上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 輪郭をぼかす間接照明と、むせかえるような体液の匂いに、脳髄がとろけてく。
 ベッドの軋みより心臓の鼓動の方が、大きく響く。

「……ッ、ハ……ごじょ」

 目眩が視界を白く覆い、なにも見えなくなる。ただ朱い朱い紐だけが、世界に残る。

「これ、気に入った?」
「ぐぁッ……」

 身体の痛みと揺れが同時に襲ってきた。痺れが全身を駆け抜ける。
 体内をかき回され身体が跳ねた。短い悲鳴が喉を灼く。

「首、しめて……」
「ん? エッチ」

 首筋の熱と腰を穿つ声に、意識は白濁の闇へと落ちていった。







えらい抽象的な文になりましたが、首引き恋慕です。 
流鏑馬の方が見栄えは美しいですが、名前はこっちの方が可愛い。
判らない方はぐぐると良いです。イメージ検索じゃないと、重くて大変。
恋の48景らぶ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。