上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぁ、悟浄の幸せってなんだ?」
「あー?」
 
 食事も終え、のんびりと煙草を吹かしながらテレビを見ていたら、突然質問が降ってきた。なんの前触れもない。
 食器洗いが完了した焔は、俺の対面に座る。

「哲学にでも目覚めた?」
「いや、皿洗い暇だったから」
「しょーもねぇな」

 煙草を灰皿に置き、焔を見やる。焔は真剣に訊いたわけではないのか、勝手にテレビチャンネルを変えている。俺もそれに合わせ、深く考えずに答える。

「んー。煙草吸ってるとき、寝てるとき、セックスしてるとき」
「凄い欲望に忠実だな」
「そんなもんだろ」

 テレビのリモコンに手を伸ばすと、つかむ前に手を叩かれた。仕方なく手を引っ込める。

「じゃぁ、お前の幸せはなんだ?」
「ん? おれか?」

 一瞬だけ目をぱちくりさせた焔は、あっさりと答えた。 

「悟浄と一緒にいるとき。悟浄が幸せなとき」
「……ちょっとこっち来い」
「ん?」

 俺は焔を手招きして、自分の膝の上に座らせる。

「どうした?」
「いや、めずらしく可愛かったから」

 一瞬だけきょとんとした焔は、すぐににっこりと笑みを浮かべる。

「キスしてもいいぞ」
「はいはい」

 俺は焔の頭を撫でて、唇にかるくキスをした。


たまには、めちゃんこラブを。
バカップル浄焔も好きです。
三蔵達の前でむちゃくちゃイチャついてるの。そしてすげぇウザがられてるの(笑)
たいがい夢見てます(笑)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。