上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 初めてモーグリショップを見つけたとき、ティファは弾んだ声をあげた。
「可愛いっ」
「クポッ?!」
 今まで緊張を張り巡らせていた反動か、彼女は警戒することなくふくよかな胸に抱き寄せた。
 モーグリは息苦しいのか、短い手足をバタバタさせる。

「おおっ」
 意識せず歓声をもらしたのはラグナだ。
 その反応がジェクトにまで連鎖する。

「なんだ、お前さんもああいうの羨ましいのか?」
「男なら誰でも見る夢だろ」
 恥じることも誤魔化こともしない答えに、ジェクトは子供をからかうような笑みを浮かべた。

「なら、ジェクト様の胸で体験してみるか?」
 大きく両腕を広げて戯れを待つ。
 しかしそれは来なかった。
 言葉は弾切れを起こし、頬を赤くして目を逸らしたのだ。

「……素直っつーか、案外可愛げがあるじゃねぇか」
「だってそりゃぁ――足つった!」
 膝を擦り剥いた子供を見下ろすように、ジェクトは唇で奇妙な弧を描く。

「しゃーねーな。湿布買ってきてやるよ」
「多めにな。あんたといるとすぐ使っちまうから」
 ――ついでに特別体験も。
 広い背中に向けられた小さなつぶやきは、届いたか否か。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。