焔 「紫鴛、是音。実は秘密にしていたことがあるんだ」
是音「なんだ?」
焔 「実はおれは女だった──」
紫鴛「早く寝なさい」
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事