シラバブ「タガーおにいちゃん本当にいたぁ!」
マンカス「な、お兄ちゃんの言ったとおりだろう?」
シラバブ「うん!」
タガー 「なんだよお前ら。オレ様はいま焚き火で忙しいんだよ」
シラバブ「おにいちゃんと花火しに来たの。タガーおにいちゃん焚き火してるからって」
タガー 「オレ様はお前らのために焚き火してたんじゃねぇよ!」
シラバブ「タガーおにちゃんも一緒にしよっ」
タガー 「おれをツンデレキャラみたいに扱うんじゃねぇ!」
スポンサーサイト

マンカス「お前はおれのことが好きか?」
タガー 「嫌いに決まってんだろ」
マンカス「そうか。ところで今日は、エイプリルフールだったな」
タガー 「ぐっ……」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

マンカス(頭を抱えて俯き)
タガー 「なにへこんでんだよ、マンカス」
マンカス「うるさい。誰のせいだ」
シラバブ「おにいちゃん元気だして。バブのプリン半分あげるの。あーん」
マンカス「ありがとう、バブ。あー」
    (顔を上げた先には、なぜかスプーンを持ったタガー)
タガー 「あーん」
マンカス「どうしてお前って男は!!」

――この後、ちゃんとバブに食べさせてもらいました――

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請



最近の記事