「なんで食べてるの」
 マグカップを持ったまま僕は固まってしまった。この世の物理法則を無視しているような奇妙奇天烈な光景に直面したわけではないのだけれど、目の前で起こっているのはそれに近い状況だった。
 今日は職場でケーキを貰ったのだ。豪華なホールサイズじゃなくって、一切れの小さなチョコレートケーキだ。同僚のミスをフォローしたらほんの気持ちだけどってくれたのだ。それを食べるのを楽しみに、小さな箱を大切に抱えて帰宅した。
 先に帰宅していたウルフウッドは寝間着に着替えて寛いでいた。髪が濡れているからお風呂はもう入ったのだろう。缶ビールのプルトップはもう開封済みで、ぼんやりとテレビを見ている。僕の帰宅に気付くと挨拶というよりは生返事のようなものをした。
 僕はテーブルにケーキをひとまず置いて、キッチンでケトルにお水を注いで火にかけた。小皿とフォークを持ってテーブルに戻る。ケーキを箱から皿に移してお湯が沸くのを待った。
 コーヒーを淹れることが一番多いのだけれど、ケーキならやっぱり紅茶だろうか。ティーバッグだけれどアールグレイがあったはずだ。頃合いを見てウキウキとキッチンに戻る。棚を探すと期待通り紅茶が出てきた。沸騰する前に火を止め、自分のマグカップにお湯を注いだ。ティーバッグを入れてケーキの元へ向かう。
 一番大好きなのはもちろんドーナツだけれど、仕事で疲れた体には甘い物全部が沁みる。チョコレートケーキだって仕事の後のご褒美としてはやっぱり嬉しい。口の中にはもう唾液が出ている。
 鼻歌でも奏でたくなる気分でテーブル前のソファにたどり着き、硬直した。息を止めて同居人を凝視する。慎重に、時間を掛けてだ。でもどれだけ見つめても当たり前ながら彼は彼だった。
「なんで食べてるの」
 何が起こったかはご想像の通り、そういうことなのだ。
 僕は衝撃のあまりマグカップをテーブルに置く余裕すらなかった。つまらなそうにテレビを見ながら勝手にケーキを食べているウルフウッドはぼんやりと僕を見上げたけれど、ケーキにすぐ戻った。一口が大きい彼はもう半分ほど胃袋に収めている。慌てて隣に座って顔を近づける。
「それ僕のなんだけど!」
 抗議なんかちっとも聞こえていないみたいだ。まるでそうしろと誰かに命じられたかのように黙々と食べ続けている。頭でも打ったか宇宙人に体を乗っ取られたのだろうかと、怒りは心配へと変わり、おずおずと顔を覗き込む。彼は相変わらず無表情だ。
「キミ、甘いの嫌いだったよね?」
「コーヒー」
「え?」
 ウルフウッドはマグカップの中身を窺うと興味なさそうに顔を背けた。もう一度同じ言葉を繰り返す。どうせなら紅茶もどうぞ奪ってと、マグカップを目の前に置いてみたけれど眉すら動かさなかった。大仰に溜め息をつく。
「もう、ちゃんと味わって食べてよね」
 諦めて立ち上がると、もう一度お湯を沸かしにキッチンへ戻った。


 ウルフウッドのあれは、不定期に訪れる僕への嫌がらせかと思ったのだけれど、ケーキを食べた以外は至っていつも通りで拍子抜けした。イタズラしやすいように隠れて様子を窺ったのだけれど、のんびりと自分のことをしているだけだった。無意味に足でちょっかいを出してくることもない。なら違う理由で彼は僕のケーキを食べたのだ。
 もしかしてケーキそのものに反応したのだろうかと、ショートケーキを二つお土産として持ち帰ってみた。一つのマグカップに紅茶を淹れて、もう一つにノンカフェインコーヒーを淹れる。声をかけることはしなかったけれど、ケーキを載せたお皿にフォークを添えて置いといたら自動的にウルフウッドが寄ってきた。あからさまにじっと観察するけれど、僕の視線など意に介さず黙って食べ始める。甘いなどと文句も言わない。いつもの退屈そうな顔を見つめる。
 急に味覚が変化するなんてことがあるんだろうか。真っ先に閃いたのは催眠術だけれど、どっかで掛けられたなんて話は聞いていない。他には、と考え一つ思い至る。両膝で頬杖をつき、手を組んでそこに顎を乗せた。深刻な表情を作る。
「もしかしてキミ妊娠した?」
「救急車は自分で呼べや」
 なんとなく優しい口調だったけれど、それ以上は相手にしてくれなかった。
 他のお菓子でも試してみた。まずはミルフィーユ。ショートケーキと同じようにお皿に出して置いといた。ウルフウッドは一瞥はしたけれど、それだけで近寄ってくることはなかった。こちらから促す。
「食べないの」
「食べへんよ」
「なんで」
 テレビから顔をこちらに向けたウルフウッドは、邪魔するなとばかりに眉間に皺が寄っていた。
「んな洒落た食いモンいらんわ」
「洒落てるかなぁ」
 どこのお店でも置いてある種類だと思うんだけれど、とたっぷりのカスタードとサクサクのパイ生地とてっぺんに乗っている赤いイチゴを見下ろしながら呟いた。なんとなくきらきらしているそれは、甘い物に興味のなかったウルフウッドからすれば珍しいのかもしれない。ウルフウッドとミルフィーユの組み合わせはアンバランスで可愛らしいと思うんだけれど。
 仕方なくミルフィーユは二つとも僕が食べた。
 ケーキ以外にも興味を示すだろうかとチャレンジしてみて、成功したのはシュークリームとプリンだ。これはケーキ屋さんじゃなくて市販されているタイプだったけれど、そこにこだわりはないようでテレビを見ながら黙々と食べていた。カスタードを口の端につけているのが可愛くって、隣から指で拭ってそれを咥えたら、犯罪者でも見るような目で引かれた。長いこと一緒に暮らしているのだからいい加減懐いて欲しい。
 妙な反応をしたのはマカロンだった。これも知名度はあると思ったんだけれど、ウルフウッドは初めて見たようだ。
 箱に入っているままだと絶対に食べないだろうと、出して小さなお皿に乗せた。ふんわりとしたパステルカラーは優しい雰囲気で、僕はスマホを持ってきてカメラで撮った。そのシャッター音でマカロンに気付いたのだろう。ウルフウッドは見るなり首を傾げた。僕はゆっくり観察するためにお茶を淹れるフリしてキッチンへ隠れた。そこからひっそりと窺う。
 とりあえず食べ物らしいと認識したウルフウッドはマカロンを睨みつけた。腰を折って鼻を近づける。くんくんと動物みたいに鼻が動くのだから面白い。かすかに甘い匂いがする程度のはずだけれど、未知の物体に好奇心が疼いたのか、ピンク色のをつまんで恐る恐るちょびっとだけかじった。渋みはまったくないはずなのに、苦いものを口にしたように顔の中心に皺を集めてすぐに戻した。テーブルから離れる。マグカップを持って戻った僕は一応ウルフウッドに食べないかと勧めてみようかとも思ったけれど、無視されるに決っているのでやめといた。
 スタンダードな甘い物は食べるってことが判ったけれど、お酒があるときはやっぱりそっちの方が好きらしい。
 今日は自分で酒瓶とグラスとビーフジャーキーを用意して飲んでいた。僕が買ってきた小さなミルクレープを二つに切ってお皿を二人の間に置いたけれど、見向きもしてくれなかった。最後まで食べなかったら自分で食べよう。
 僕もお酒を分けてもらいつつ、フォークでちょっとずつミルクレープを食べる。
「ねぇ。なんで甘い物好きだって気づいたの」
「別に」
 ウルフウッドは牙でジャーキーをちぎり、アルコールを口に含む。
「前に家に帰ったやろ。そんときケーキを仰山持ってったんや」
 家とは彼が育った孤児院のことだ。自分が小さかった頃はあんまりオヤツが食べられなかったため、たくさんお菓子を買って行くことがある。しょっちゅう孤児院に寄るものだから彼の言う前がいつのことなのか判らないけれど頷いて続きを促す。
「人数分買うてったんやけどな、ワイの分がないと判るとちっこい妹が分けてくれたんや、いらん言うたんやけど。したら案外美味くて。なんでやろてしばらく考えとったら、家で食うのは美味いんやなって」
 ガキん頃は食っとったからかな。とビーフジャーキーを咀嚼しながら素朴に呟く。お酒を飲んでいるくせにあまりにも幼い雰囲気だったので顔を覗き込んだ。不愉快そうに眉をしかめられる。
「なんやねん」
「ここで食べるのも美味しい?」
「そう言うたやろが」
 鬱陶しい、という感情を微塵も隠さない声色だったけれど、愛おしくて仕様がなくって頭を撫でた。ウルフウッドは抵抗はしないけれど唇を尖らせる。
「なんやの」
 迷惑そうだけれど満更でもない声だ。わしゃわしゃと撫でるのを続ける。
「なんやのっ」 
 やめもしなければ理由も言わないからちょっと怒ってきた。もう少し続ける。
「なんやのっ!」
 本当に怒ってきた。引き際だろうと腕を下ろし、笑いかけた。
「キミがそう言ってくれて嬉しいなぁって」
 ちょっと照れくさかったけれど素直に告げると、ウルフウッドは僕のせいで髪が乱れたままフンッと鼻を鳴らした。ミルクレープをちらりと見て、グラスに口をつける。
「いちいち大げさや」
 彼の中では、大げさなことではないらしい。


 この日はウルフウッドの方が帰りは少し遅かった。リビングへ続くドアが開かれる音がしたのでおかえりと声をかける。揚げ物をしている油の音に惹かれたウルフウッドは、ネクタイを緩めながらこちらにやってきた。鍋の中とクッキングペーパーを敷いた皿の上を見やる。
「……メシとちゃうやん」
「もうちょっとでできるから待っててね」
 メシはと重ねて訊くのでこの後作るから洗濯機を回してくれと頼んだ。もう一回ぐらい小言を呟かれるかと予想していたけれど、素直に退散してくれた。僕は目の前の揚げ物に集中する。
 ウルフウッドは迷ったようだけれど、ビールとソーセージを冷蔵庫から出した。僕の分はと鍋から離れずに問うと、それがあるやんと素っ気なく返された。
 調理が終わると成果を二つの皿に分けた。もちろん僕の分とウルフウッドの分だ。目の前に置くと案の定嫌な顔をされた。コーヒーを飲むかと訊いたらその顔のまま頷いた。ノンカフェインのを二つ淹れて戻った。ウルフウッドは奇っ怪なものと対峙するように目を細め、皿と目線の高さを合わせている。水槽に入っている蛇を観察している子供みたいだ。
 マグカップを彼の近くへ置いた。
「ただのドーナツだよ。食べなよ」
「なんでチョコかかっとんの」
「そりゃぁバレンタインだからね、今年は忙しくてデートできなかったから」
 ウルフウッドは眉間に皺を寄せ、小馬鹿にするように鼻を鳴らす。
「メシの前にオヤツ食うとおばちゃんに叱られるんやで」
「そうだね。でも僕らはもう子供じゃないからね」
 ウルフウッドは手作りのドーナツをつまむと豪快にかじった。肉にかぶりついているみたいだ。咀嚼するうちに眉間の皺は薄れていき、小さく頷く。途中でほっとしたように息を吐いた。
「悪ぅないで」
「そう言ってくれて嬉しいよ」
 彼が食べる姿を僕は上機嫌に眺めた。
スポンサーサイト

 洗濯物は太陽光で干すのが一番早いしエネルギー使わないし人として当たり前の姿だから、というのが理由らしい。ウルフウッドは山と盛られた洗いたての衣類を入れたカゴを片手で一つずつ抱え、ジェシカに案内してもらいながらサンルームを目指した。
 シップ内の仕事は当番制で洗濯は男女別に行っているという。下着の扱いを考えれば妥当だろう。家族単位ではなく住居ブロックごとで洗っているのは、エネルギーや水の消費が少なくて済むからだそうだ。どうしても個人で洗いたいものは手洗いをして自室に干せとのことだ。これもまぁ、妥当なのだろう。
 シップで使われている洗濯機はウルフウッドの背丈よりも高かった。横幅も同じぐらいある。銀行で扱っている金庫だと言われたら多くの人間が騙されるかもしれない。そこに大量の洗濯物と大量の洗剤を放り込んでスイッチを押した。もし洗濯機が意思を持って人類に反抗してきたらナインライブズよりも手強いかもしれない。そう考えるほどの轟音にウルフウッドは目を剥いて毛を逆撫でた。
 洗濯機が大人しくなるとその口を開け、絡まり合って容易には解けない布の塊を力づくで引きずり出す。それをカゴに収め、これから干しに行くところだった。
 サンルームはシップのてっぺんにあった。排水処理の関係で洗濯機の位置を動かすことはできないという。離れているのは不便だったが、効率よく日光を取り入れるには仕方ないのだろう。カゴを両手で抱えたジェシカがサンルームのドアを開けた。強い光が二人の顔を射す。
 部屋は大きなテーブルが二台とそれに合わせた椅子が据えられただけの広々とした白い空間だった。その約半分を前の当番が洗った衣類が占めていた。壁には絵画どころか時計も飾られておらず、洗濯用のロープを引っ掛けるためのフックがあるきりだ。ロープもフックも白かった。床は白に灰色が混ざった斑な石畳が敷かれている。石と石の境目の溝はあるが表面に凹凸はなくつるりとしている。この部屋すべての石がそうだ。ここまで几帳面な人工物は精密機械でなければあまり見ない。ここでもシップと自分の常識との違いをささやかだが感じた。石ならはひんやりとしているのだろうと一歩踏み出したが、直射日光が長時間当たっているから熱いのかもしれない。どちらにしろ靴を履いているので判らなか
った。ここなら裸足で生活しても中途半端に打った釘などを足を引っ掛ける心配はなさそうだったがまだ試したことはない。ジェシカの後を忠実に歩く。
 壁の三方は真っ白で凹凸がない作りだったが、一方だけは全面ガラスでできていた。そこから見える光景は蟻地獄の砂の崖だ。絶え間なく砂が下へ下へと崩れていく。まるでシップも沈んでいるのでないかと錯覚するが、重力プラントはしっかりと機能している。その証拠に、宙を舞う細かい砂はこちらに近づいてきても窓にぶつかりはしなかった。いつまでも眺めていたら酔いそうだとウルフウッドは眼を逸らす。音は一切しなかった。よほど分厚いガラスを使用したのだろう。この部屋だけ切り取られたように不自然だった。
 窓と対面している壁のすみずみにまで太陽は光を落として眩しいほどだった。天井まで明るいが、構造的にありえない。ここを隠れ里にすると決めてから外壁になんらかの手を加えたのだろう。
 ジェシカはカゴを床に置くと、干してある洗濯物を外しにかかった。背が低いため一生懸命腕を伸ばし、壁にかかっているロープをつかむ。ジャンプをするようにしてフックから外した。ウルフウッドも二本目のロープを手にしてジェシカに倣う。乾いた洗濯物を床に落としていく。カサカサと音がした。
「ここに干せばすぐに乾くわ。洗濯当番は洗った洗濯物を干して、前の洗濯物をたたんで回収所に並べるまでがお仕事。あたし達が干したのは最初のグループの人がたたんでくれるわ」
「洗濯物が多いと大変やなぁ」
「アウターみたいに各家庭に洗濯機を一つ用意、なんて贅沢できないもの」
 ジェシカはロープの端にぶら下がっているBと書かれた札を取るとエプロンのポケットにしまい、代わりにCと書かれた札を下げた。住居ブロックの名称だ。ウルフウッドもBの札を取り、ジェシカに投げて渡すとCを同じように受け取ってぶら下げた。足元の洗濯物を抱えてテーブルの上に適当に置き、自分達が持ってきた洗濯物をロープに吊るしていく。
 干している洗濯物が一度なくなったことで視界が広くなり、初めて窓際に花があることに気づいた。大きな白いトレーの上に古い木箱が二つ並べられており、そこで咲いている。そこだけ色があり異質だ。ウルフウッドは当然その花の名を知らない。ジオプラントと離れているがどうして育っているのだろうか。
「野菜とかの捨てちゃうところを土に混ぜると植物の栄養になるんですって。それを専門に研究している人達がいるんだけれど、それは研究とは別に趣味で育ててる人がいるのよ。土はここで作った人工のもの。近くで見てもいいわよ」
「別にええよ」
 そう応えるが視線は外せなかった。土というのは砂とは少し違うことは知っている。しかし何がどう違うのかまでは知らない。黒っぽいという印象しかないが、そんなに異なるものなのだろうか。
 熱心に観察を続ける姿にジェシカが呆れる。
「そんなに警戒しなくてもお花は噛み付いたりしないわよ」
「ワイのことなんやと思っとるん」
 片目を眇めると干す作業に戻った。
 背が低いジェシカの方が作業しにくいのもあるだろうが、どう考えたって男性物の方が洗濯物は少ない。ウルフウッドは男物を干し終えるとテーブルに行き、白い椅子に座って乾いた衣類をたたみ始める。自分の服はたたまないから苦手な作業だ。ハンガーから直接取って着た方が効率的だと思うのだが、一般的にはだらしがないと評価されるらしい。まだ干している途中のジェシカが追いつくまでわざと遅く手を動かす。靴下をまとめ、ハンカチを折り、タオルをまとめる。シャツを手にしたところで作業を止めた。
「なぁ、針と糸あるか?」
「あるけど、どうしたの」
「ボタン取れそうなんや」
 白いシャツの上から三番目のボタンがだらしなく垂れていた。誰のものかは知らないが大人数の衣類と一緒にするのだ、とれてどこかに紛れたら見つからないだろう。どうせ暇なのだ、このぐらいならやってやらないこともない。
 ジェシカはいま干したばかりの洗濯物のシワを広げると、ふぅん? と不思議そうに首を傾げて部屋を出て行った。しばらくすると小箱を抱いて戻ってくる。
「はい、どうぞ」
 洗濯物を腕でどかしスペースを作る。そこで女性らしいチェックの小箱を開けると、おもちゃみたいな裁縫道具が行儀よく詰まっていた。ウルフウッドが触れれば容易に壊れてしまいそうだが、裁縫道具というのは得てしてこんなものだろう。シャツと同じ白い糸を取り出し、短い針をつまむ。ジェシカが興味深そうに手元を覗いてきた。
「自分の仕事せぇ」
「いいじゃない、少しぐらい」
 少女のことは一瞥もせず針穴へ糸を向けた。一度で通ると歓声があがったが、無視をして針から抜けないように玉結びをした。外れかかっているボタンを手でむしる。
「それは乱暴じゃない? 生地が傷むわ」
「これが一番速いやん」
 古い糸を指先で全部引き抜き、ボタンを生地に当て直す。針と糸で縫い止め、根本に糸を巻き付けて生地の裏側で玉止めし、針に繋がっている糸をピンと張った。シャツに顔を近づけ犬歯に糸を引っ掛ける。プツリ、と呆気無く切れた。針を針山へ戻す。シャツを広げ直し出来を確認したところで、ジェシカが目を丸くしていることに気づいた。
「なんや」
「前々から思ってたけど、あなたってオオカミみたいね」
「オーカミ? 見たことあるんか」
「さすがにそれはないけれど……でも、犬を凶暴にした感じなんでしょ」
 そんな認識の動物に喩えられるのは不満だったが、子供の言うことだと追及しないことにした。その代わりにボタン付けしたシャツの身頃を整えながら問う。
「前々っていつや」
「食事しているのを見たときよ。お肉をすんごい顔して噛みちぎってるんだもの! びっくりしちゃった」
 ウルフウッドがもう一つのテーブルを指差すとジェシカはそれに従い、白い椅子に腰掛けて女性物の衣類をたたみ始めた。女性物特有のややこしいデザイン服が多いが手慣れた様子で整頓していく。手を動かした程度では舌は止まりそうにない。
 獣じみた形相で噛み付いた記憶はなかったが、傍からはそう見えるのならばそうなのだろう。ここの食事は慎ましいが、最低限の質は約束されている。どうして営業できているのか理解できないほどおんぼろな店で出される、靴のゴム底みたいな肉とは根本的に違うのだ。あっけないほど簡単に噛みちぎれたものだから驚いた。気の毒そうにナイフを差し出すヴァッシュのことは無視をした。
 ボタン付けよりは食事の態度の方が確かにオオカミらしい説得力はある。飯ぐらい好きに食わせてくれというのが一番の願いではあるが。
「あなたって犬歯鋭いわよね。アウターの人ってみんなそうなの?」
「言うほど鋭くないやろ」
 名前のせいか犬歯について指摘されたのは初めてではないが、他人と比べて別段目立つほどでもない。好奇心の眼差しで口内を覗き込もうとするジェシカに溜め息をつく。
「ワイの歯はここの住人らと同じぐらいやし、上の連中もみんなそうや」
「あなたのご両親も?」
 ウルフウッドの手が止まった。正面を見遣ると、口の中を窺う様子はそのままに、幼い手はリズムよく洗濯物を片付けて続けている。ウルフウッドも作業を再開した。
「見たことあらへんから知らんよ」
「ご両親よ。自分の親」
 ジェシカは純粋な眼をぱちくりとさせた。本当に判らないのだろう。
 この感覚を、ウルフウッドはおぞましいと思う。善人すぎて地上へ出たらすぐにカモにされ搾り尽くされるだろう。ヴァッシュはあの体と地上での生活が長いせいか多少の心得ぐらいは持っているようだが、ここには外を知らない連中も多いと聞いた。地球への希望を繋ぐだけの技術力はあるが処世術はさっぱりだ。
 だがここを理想郷とするならば少しは話が違ってくる、のだろうきっと。と考える程度にはウルフウッドも歩み寄りを示し始めた。ウルフウッドの世代では無理だろうが、二つ三つ先になればあるいは。この砂の星が、図書室で見せられた地球のように緑豊かになる光景は想像できないが、ジオプラントが入手できれば不可能ではない。希望はある。地球やこのシップにだって諍いぐらいはあるだろうが、充分な資源があれば争いの種はだいぶ減る。その頃には、こんなとぼけた質問も当たり前になるのだろうか。
「ワイは孤児や」
「コジ?」
「孤児、みなしご、捨て子」
「あっ、ごめんなさい」
 ジェシカは口に手をあてた。ここでは孤児は憐れむべき存在らしい。ウルフウッドは珍しく唇を柔らかくする。
「別に。上にはそんなんぎょうさんおるで。むしろここではどうなっとるん」
 小さな体は居住まいを正すと、手元の乾いた洗濯物を真摯に凝視する。
「もちろん病気とかで両親がいない子もいるわ。そういう子供はどこか別の家族の一員になるの。じゃないと、その子は生活できないでしょ」
「さよか。孤児院はないんか」
「コジイン?」
「知らんならええ」
 そこで会話を切り上げた。
 ジェシカは悪いと思ったのかしばらくは喋らなかった。無言の時間が続いたが、しばらくするとぼんやりと独りごちる。
「でもアウターには一回ぐらい行ってみたいわ。子供は危ないから一人で行っちゃダメなんだって。そんなに危ない所だったらとっくに滅んでるはずなのに、ヘンよね」
 完全に拗ねている子供の口調だ。危ない場所は子供にとって魅力的で、禁じられるのは納得できないという姿勢はここでも変わらないらしい。ウルフウッドはそんな弟妹を何度も相手にしてきた。からかうような意地の悪い笑みを刻む。
「嬢ちゃんみたいのが上に行ったら、それこそ牙の鋭いオーカミさんが一口でペロリや。やめときやめとき」
「それってどういう意味?」
「やめときやめとき」
 ウルフウッドは楽しそうにタオルをたたむ。ジェシカは唇を尖らせた。
 しばらくは無言で仕事をしていたが、ふいにジェシカが椅子から降りた。見遣るとウルフウッドのテーブルへ近づき裁縫道具を手にする。向こうでもほつれた衣類があったのだろう。靴下を丸めながら眺める。幼い手は針穴へ糸を通そうと試みるが失敗続きでちっとも次の作業に進めない。ウルフウッドは靴下を置き、手を差し出す。ジェシカはそっぽを向いた。
「このぐらい一人でできるもの! ほら、ヴァッシュって案外抜けてるところがあるでしょ。だからいつでも縫えるように練習したのよ」
「さよか。なら何も言わんでおくわ」
 ズボンを三本丁寧にたたみ終えた頃、ジェシカは小さな歓声を上げた。針と糸と糸切りばさみを持ってテーブルに戻る。はさみより犬歯の方が早いに決まっているが、よく手間を惜しまないものだ。ウルフウッドはワイシャツを手にし、カフスボタンが取れそうなことに気づいて引きちぎった。手の平に転がす。黒い石が付いている。随分と洒落たデザインだ。
 先程ボタンを留めた糸は長くとったため、もう一つぐらいなら充分に縫えそうだった。玉結びをし、慣れた手つきで針を刺す。
「ウルフウッドさんってお裁縫しなさそうなのに上手よね」
 糸を長く引いたところで正面を見遣ると、どういう縫い方をしたのか絡まった糸をほどこうと格闘している姿があった。鼻から呆れの溜め息を長く吐くが、手を差し伸べるとやはり怒るのだろう。眺めるだけに留める。
「さすがにシャツはガムテで留めるわけにはいかへんからなぁ。買うより縫った方が安いやん」
「それもそうね。そうそう取れるものでもないけれど」
 パニッシャーどころか拳銃すら持たない生活ならそうだろうと、胸中だけで意見する。ここでは殴り合いのケンカもあまりないらしい。
「サイボーグて見たことあるか」
「ヴァッシュの腕ならあるわよ。ロステクじゃない義足を使ってる人もここにはいるけれど」
 そう答えながら小さく首を傾げた。ここはこの程度なのだ。
 結局糸はどうにもならなかったようで、ほどくことを諦めたジェシカは潔くはさみで切った。注意深く玉結びをし直す。ウルフウッドは針と袖を持ったまま肘をつき、手の甲に顎を乗せた。
「あいつのはガムテで留めた方がよさそうやな」
「そんなみっともないこと私がさせないわ!」
 風船のように頬を膨らませる姿はまだまだ子供だ。ウルフウッドは笑う。
「せやったらもっと練習せなアカンな」
 顎を上げ、糸を切ろうと誰かの袖に顔を近づけたときドアが開いた。ヴァッシュだ。笑顔だったが一瞬できょとんとしたものに変わり、ウルフウッドに眼をしばたかせる。ウルフウッドは糸に歯を掛ける直前のポーズで停止した。
「キミ、洋服食べるの?」
「アホやろ」
 くだらないと大きな溜め息をつき、糸をぷつりと切った。その動作にヴァッシュが小さな歓声を上げる。そんなに珍しい行動だろうか。
「どうしたのヴァッシュ!」
 想い人がどれだけ阿呆な思考回路を顕現させても喜ぶのは、恋は盲目というやつなのだろうか。ジェシカは針と服を置き、ヴァッシュの元へ駆ける。おさげ髪がぴょんぴょんと跳ねた。あれは犬の尻尾のように感情を表す器官なのかもしれない。ヴァッシュは抱きとめると頭を撫でる。まるっきり子供扱いだ。
「キミ達がここで仕事中って聞いたから。ついでに読書でもしようと思って」
 そう言ってヴァッシュは持っていたハードカバーの本を軽く掲げる。ここでは当たり前の光景ではあるが、読書とは優雅なものだ。
 ここは洗濯以外の用事でも入室可能なのかと窓の方へ目をやる。部屋の半分は濡れた洗濯物で埋まっており、窓のほとんどを遮っている。空調は入っているが直射日光が容赦なく刺さってくるせいで息苦しい。椅子もテーブルに備え付けのこれしかなく、娯楽もないのだから人気がないのは当然だろう。どちらの身をどのように案じて来たのだろうか。ジェシカはいまにもジャンプしそうな勢いで喜んでいる。
「そうだ、たたむついでに繕い物もしてたのよ。ヴァッシュもなにかない? 一緒にやっちゃうわ」
「ん? そうだなぁ」
 ヴァッシュは少し上を向いて考える素振りをした。ジェシカは恋人気分で楽しいのか、腕に腕を絡め、目を輝かせて待っている。ウルフウッドは作業を中断し、頬杖をついて傍観することに決めた。小さく唸っていたヴァッシュは、やがてあっとひらめいた顔をした。
「コートのボタン! 取れそうだったんだよね。だからそれお願いしたいなぁ。あ、でも普通の針じゃ刺さらないかな。それは誰かに訊かないと」
 ヴァッシュの言葉は途中で打ち切られた。トンッと小さな手に胸を押されたのだ。よろめくほど細い体ではない。先程までここに差し込んでくる陽射しと変わらないくらいの笑顔を向けていた少女は、怒りで頬をむくれさせた。目尻には涙が浮かんでいる。
「知らない。ガムテープで留めればいいのよ」
「えぇっ」
 ツンッと顔をそっぽに向けたジェシカは足音荒く部屋を出て行った。雑音を立てるもののない室内にドアが閉じる音が大きく響く。ヴァッシュはその白い扉をぽかんと見つめた。
「フラれてもうたな」
 ケケケと意地悪く笑うとが、ヴァッシュはあっさりと肩を竦めた。ジェシカが座っていた方のテーブルに近づき、ブラウスを手に取る。
「仕方ないよ。僕じゃ彼女には釣り合わない」
 なんや気付いとったんか。という言葉は飲み込んだ。間の抜けたガキのような男だが、ウルフウッドよりは長く生きているのだ。具体的な年齢は訊いていないが、子供の感情ぐらいは勝手に悟れるだろう。
「悪いやっちゃなぁ。人畜無害なツラして、オンドレみたいのが一番タチが悪いわ」
「酷いなぁ。スマートだって言ってよ。彼女も大切な家族なんだから」
 ジェシカからすれば酷薄な態度に映るかもしれないが、この男なりの優しさなのだろう。それを好ましいと思うか否かは個人の価値観による。ウルフウッドは当然の態度だと受けとめるが、過去にもこうやって幾多の女性を泣かせてきたのだろうと想像すると、善人だとは決して評価できない。可哀想な少女達はさっさとこの男の本性に気付くべきだ。
 羊のツラした男はブラウスも肌着も下着もタイツも隔て無くたたんでいく。他の男がやったらクレームになりそうだが、この男だけは例外なのだろう。異性ではなく家族なのだ、おそらく。
 ジェシカが途中で放り投げたボタン付けの針を見つけると、男のくせに細い指はするすると縫い留めた。パチン、と糸の根本をはさみで切る。この男も迷うことなくはさみを使った。柔和な顔の牙では肉を裂けず、糸すらも切れなさそうだ。確かに自分の牙はこことは違うのかもしれない。いや、ここの住人がヴァッシュ寄りなのか。
「ワイの犬歯な、オーカミみたいなんやて。オーカミ言うたらなんでも食い殺してまう獣なんやろ?」
「あんまり知らないけど、そう聞いたことあるね」
「でもな、ワイの牙は糸も切れるし、袋も開けられるし、結構便利やと思わへん?」
 ヴァッシュはふと手を止め視線だけでウルフウッドを窺った。本気とも冗談ともとれる真っ白な表情だ。口は閉じているが獣と同じ名を持つこの男の唇の向こうには、獣じみた二本の犬歯が存在するのだ。
 黙って観察していたヴァッシュは、やがていつものようににっこりと微笑んだ。
「うん、そうだね。でもはさみっていう便利なものがあるし、それを使うことは悪くないよ。キミは扱えるんだから。それに」
「あ?」
「歯ブラシは噛まないで使った方がいいと思うよ、子供じゃないんだから。キミすぐダメにしちゃうでしょ」
「喧しいわ」
 ウルフウッドは誰のものか知らないトランクスを、適当に丸めてヴァッシュの顔に投げつけた。
[ 続きを読む ]

・SFパロ台牧
・2013年ぐらいに書いてたっぽい
・あと1万字ぐらい書けば完結したはずなんだけど、途中で休憩しちゃって、今の実力と差がついちゃって、続きを書けなくなったので供養上げ。結末まではストーリーちゃんと考えてた
・推敲してないので文章恥ずかしいことになっている

以上の注意に納得された方のみ続きからどうぞ
[ 続きを読む ]

 二月十四日の今日は、恋人同士である僕達にとってそれなりに意味のある一日だ。特に今年は日曜日、あっさりと過ごすにはもったいない。僕達はデートをすることにした。ミルクチョコレートほどではなくとも、ビターチョコレートぐらいには甘いバレンタインデートだ!
 午前中に掃除をしていると遅れてウルフウッドが眼を覚ました。まだ眠そうに剣呑な目つきをして、髪を寝ぐせであらゆる方向に跳ねさせたままキッチンへ直行した。寝るか殺すかしか知らないような表情で冷蔵庫のドアを開け、食材を取り出し、無言でフライパンを振るう。掃除を終えリビングで待っていると、自分の分と僕の分の二皿のチャーハンをテーブルにどんっと置いた。いただきますと挨拶をして向い合って食べる。その頃にはウルフウッドはだいぶ眼を覚ましていた。大きく口を開けて咀嚼している。
「今日何時やったっけ」
「駅に十二時半だよ」
「もうすぐやん」
 ウルフウッドはお米を一粒も残さずに完食すると自分の皿をシンクへ持って行き洗った。そしてリビングを出て行く。寝癖を直すのだろう。僕も遅れて完食し、皿を洗って着替える。髪型を整えていると、先に行っとるでと身支度を終えたウルフウッドは一足早く家を出た。
 僕達は一緒に暮らしているからデートと言ってもあまり新鮮味はない。そこでどうしたかというと、ばらばらに家を出ることにした。最寄り駅で待ち合わせするのだ。それにどれほどの意味があるのかって周囲の人間は思うかもしれないけれど気分が浮き立つのだ。人混みの中から好きな人を捜すのは心踊る。一緒に暮らす前にはよくこうしていたことを思い出すのだ。売店や近くの書店で時間を潰していると簡単には見つけられないこともある。あちこち歩いたり、相手が何を考えて行動しているか予測して捜すのはデートの気分を盛り上げる。直接言葉では禁止していないけれど、いつの間にかメールを使うのはルール違反という流れになっていた。効率的であることが最善とは限らないのだ。ウルフウッドは面倒事は嫌いなはずだけれど、始終ベッタリするという性格でもないので自由に行動できるのが気に入っているみたいだ。
 僕も姿見の前でデート服の確認をして家を出た。ウルフウッドは早足だからとっくに駅に着いているだろう。行き先は告げていないから先に電車に乗っていることはないはずだ。以前に一度告げたら僕を待たずに電車に乗って現地集合になってしまったことがあり、大いに憤慨したことがある。家を出るのは別々なのになんで現地集合は怒るのか理解してくれなかったが、電車移動は一緒にすること、とだけ認識してくれたようで、痺れを切らさなければ待ってくれるようになった。僕も教えないという手段をとることによってバランスが取れている。
 駅に着き、改札の辺りを窺うがウルフウッドの姿は見当たらなかった。売店と煙草の自販機の周辺、喫煙所まで足を伸ばしたがいなかった。どうやら長期戦を挑んできているらしい。腰に両手を当てて鼻から息を吐く。あの男はときおり子供っぽいイタズラをして喜ぶのだ。こうなったらとことん付き合ってやろうじゃないか! と体を反転させたとき、すぐ目の前に、いた。
「うわぁぁぁ」
「オンドレ鈍いなぁ。嗅覚死んでるんちゃうの」
「いつからいたのさ!」
 ウルフウッドは呆れ顔だが、気配を消していたに違いないのだ。でなければ流石に僕だって気付く。面白がってぴったりと後をくっついていたなんて悪趣味だ。頬をむれさせるとウルフウッドは楽しそうに笑う。いつになく眉毛は穏やかなカーブを描いて、細まった目尻はガキ大将みたいに釣り上がって、びっくりするぐらい屈託なく笑うのだ。昔は愛想がいいだけの営業スマイルか毒づくような態度ばかりでちっとも笑わなかったから、こういう笑顔が見られると純粋に嬉しい。怒りなんてどこかに吹き飛んでしまって、一緒になって笑う。
「普通の人はそんなに嗅覚良くないんだよ」
「嘘やぁ。鼻詰まっとるだけやってそれ」
 改札をくぐり、二人並んで駅のホームに立つ。タイミングがよかったようで上り電車はすぐにやってきた。一緒に乗り込む。休日なだけあって車内はそれなりに混んでおり座れそうになかった。つり革を握って向かい合う。姿勢と声を改め、今日のプランを初めて発表する。
「今日はキミの洋服を買いに行きます」
「服ぅ? 服なんてなんでもええやん」
「ダメ! デート服だからダメ!」
 ウルフウッドは服に頓着しなかった。営業という仕事柄、スーツにネクタイは必須の格好だ。始めはどこで見つけたのか、一枚千円しないワイシャツを買い込んで着ていた。しかし靴下よりも早く穴が空くとかで、多少は値段のするものを選ぶようになった。値段と質を天秤にかけ、彼なりにバランスが取れる位置を見つけたようだ。スーツも舐められないようにとそこそこ上等な代物を三着ほど持っている。ウルフウッドが自主的にこだわって選ぶ服はこの程度だ。私服は穴が空かなければいいとかで、ちっともおしゃれをする気がない。子供の頃はおさがりばかりだったそうだから、新品で買えれば充分なんだそうだ。だが夜用に愛らしくもセクシーな服を買ってくれば怒涛のクレームが飛んで来る。解せなかった。
 目的の駅に着き、多くの乗客と一緒に降りる。そのまま駅近くのショッピングビルに入った。店内はどこもかしこもピンク色のハートだらけで、バレンタインの文字が踊っている。外は寒いが、店内は暑いぐらいだ。空調以外にも温度を上げている熱源がありそうだ。
「やっぱりカップルのお客さんが多いねぇ」
「そうかぁ?」
 ウルフウッドはまったく興味を持ってくれなかった。残念だが想定内だ。
 レディースファッションのフロアを抜け、メンズフロアを目指す。そちらなら多少は人は少ないかと予想したがそんなことはなかった。みな考えることは同じらしい。とりあえず手近な店の商品を眺める。
「どんな服がいい?」
「安いんでええよ」
「やっぱり春服がいいかな。新作だしね」
「こっちに冬のセールあるやん」
 僕の意に反するコーナーへ行こうとする腕を抑え、まだ少しはやい衣類を見繕う。彼はモノトーンの服を好むが、春ぐらいは色を取り入れてもいいのではないだろうか。寒色の方が似合うが、せめて緑ぐらいの明るさを着せたい。
 爽やかな若草色のジレを取り、ウルフウッドの胸に当てた。予想していたよりも似合っているのではないだろうか。普段は着ないテイストだから新鮮味もある。これにはどんな服を合わせようか。すでに持っている中から選ぶのはもちろんだが、今日は服をプレゼントをすると決めたのだから新しいコーデも考えたい。ウルフウッドは今まで好まなかったような服を着せよう。わくわくしながら鼻息を荒くしていると、ウルフウッドは裾を探った。札を掴み、そこに書かれている数字を確認する。
「高ッ」
 おもちゃみたいにまんまるに目を瞠った。若草色の服を引き剥がそうとする。
「アカン! 元あったところに戻してこい」
「これはバレンタインデートのプレゼントだから高くてもいいの!」
「いいわけないやろ。その辺でやったら三着は買えるで」
「その辺で買っちゃダメなの!」
 バレンタインデートの趣旨をなかなか理解してくれないが、今日は何の日か三回ほど説明させたらとりあえず受け入れてくれた。
 ウルフウッドは自分の為にお金を使うというのに慣れていないのだ。小銭が余ると稀に賭け事で遊ぶこともあるが、基本的にはすぐに実家である孤児院に送金する。それはとても応援したいことだけれど、もう少し自分のために使うということを覚えるべきだ。彼のチェストの中身を思い出す。
「春物は去年も買わなかっただろ? 今年は買って、僕とのデートに備えてよね」
「デートしなかったらええやん。一緒に暮らしとるんやし」
「元も子もないこと言わないの!」
 僕がムキになる姿が面白いようで、僕が怒れば怒るほどウルフウッドは楽しそうに目に力がこもった。これ以上彼を喜ばせると意気揚々と嫌がらせをしてくるので、一つ息を大きく吐いて怒りを収めた。先程胸にあてたジレを腕にかけ、別の服を物色する。ウルフウッドが真顔に戻った。
「え、それ買うん?」
「買うよ。これだけじゃなくてトータルコーデで買うからね」
 ウルフウッドはしばらく眉根を寄せて怒りたいような困ったような表情をしていたが、はっと気づいた顔をすると子供みたいな純粋な顔になった。澄んだ眸で僕を見遣る。
「服を贈るんは脱がすためっちぅあれか!」
「最終的には脱がすけど違うよ。普通にプレゼントだよ」
 僕の名誉のために否定したが、なぜかこの理由が一番納得の行くものだったらしく、ウルフウッドは大人しくなった。どうしてこれが一番説得力があったのか説明して欲しい。
 着回しのことも考えながら複数の店で少しずつ買い、トータルコーディネートで三着分ぐらいの大量購入を果たした。大きな出費ではあるが意味のある買い物だ。いくつもの紙袋が重なりかさばったが、これは僕からのプレゼントなので僕が一人で持つことにした。重たいものを持つのが妙に好きなウルフウッドは無言で手を差し出してくれたが断った。代わりにいっぱい着てね、と告げたらいやらしとだけ返ってきた。そういう展開がお好みなら努力しようと思う。
 たっぷり時間を掛けて買い物を楽しんだらそれなりの時刻になっていた。ディナーは予約してあるがその前にちょっとお茶でもしたい。そう呟くと手首を掴まれ、ウルフウッドは何も言わずに大股で歩き出した。ビルを出たところで一度ちょっとまってと止め、大きなコインロッカーに愛の紙袋を預けて腕を差し出した。やっぱり手ではなく手首を掴んで大股で歩き出す。
 濁流みたいな人の波を越え、大きな交差点を渡り、細い道へと逸れていく。駅からだいぶ離れたがどこへなんのために連れて行こうとしているのか。道行く人の数も減ってきた。それでも黙ってついていくと、一軒の店にたどり着いた。黒い瀟洒な看板に白い外壁でバーのような雰囲気だが、この時間に営業しているということはカフェも兼ねているのだろう。
 ウルフウッドは腕を離すと僕の背中を乱暴に押した。先に入れと言いたいらしい。案内したのは自分のくせに、妙にオシャレな雰囲気の場所には気後れするのだ。呆れを溜め息に混ぜて鼻から出し、三段ある小さな階段を上ってドアノブを引いた。糊のきいたワイシャツに黒いギャルソンエプロンをつけたウェイトレス達がいらっしゃいませと華やかに声をかける。振り返るとウルフウッドは仏頂面でちゃんとついてきていた。店内はこじんまりとしているが清潔感があり、女性向けの雑誌にでも紹介されていそうだ。ウルフウッドは何も言わない。僕達は二人掛けのテーブルに案内された。どうやら予約はしていなかったようだ。コートを脱いで椅子に掛け、席に落ち着くとメニューを広げる。今の時間帯はデザートがメインのようだ。ウルフウッドは灰皿を寄せるとさっそく煙草に火をつける。
 メニューの最初のページには、期間限定ハートのフォンダンショコラの文字と、丸いケーキの写真が掲載されていた。顔をウルフウッドに寄せ、にやにやと笑う。
「なぁに。どこに行くか教えてなかったのにお店調べてくれてたの? 僕が選びそうな駅の周辺全部?」
「んなわけないやろ。たまたま知っとっただけや」
 素っ気なくそっぽを向いて煙を吐き出すが、それがどこまで本心かは判らない。僕は自分の予想が当たっていると信じている。
 メニューのページをめくると定番のケーキやパフェが並び、次のページにサンドイッチ、酒のつまみ、さらにめくるとドリンクの一覧になった。ここはアルコールも扱っているようだ。どれにするとメニューを差し出すと、ウルフウッドは興味なさそうに文字を追って小さなボトルビールとハムの盛り合わせを選んだ。バレンタインケーキはと訊くと当然いらないと返ってきた。僕も決めると店員を呼んだ。ウルフウッドが希望しているものと、自分のホットコーヒーを告げ、期間限定のページを開いた。
「あとハートのフォンダンショコラ、二人分サイズ」
「はい、かしこまりました」
 にこやかに店員は立ち去る。ウルフウッドは煙草の灰を落としながら器用に片方の眉だけを持ち上げた。
「なんで二人分頼んだ」
「ん? キミの予想通りだねぇ」
 事も無げに伝えると、ウルフウッドはうんざりした様子で椅子にもたれ、窓の外へ視線を投げた。逃げ出したいのだろうが諦めて欲しい。そもそもこの店を選んだ時点でこうなることは判っていたはずなのだ。
 先にウルフウッドの注文がきた。自分でグラスにビールを注ぎ、ハムをのんびりとフォークでつつく。やがて僕の注文も届いた。大きめのフォンダンショコラがテーブルに置かれると、ウルフウッドの体は一瞬だけ硬直した。それを流し込むようにビールを煽ぐ。僕はナイフとフォークを手にするとハートをウルフウッドから見て正面になるように向けた。
「美味しそうだね」
 体を引いたウルフウッドは、窓の方へ視線を遣りながら呟く。
「それな」
「うん」
「真ん中ンとこを縦に切るとええで」
「ハートブレイクにはしないよ!」
 そう言われるとどうやって切るか悩むが、とりあえず手近な山になっている部分にナイフを入れた。一口サイズに切って、刺したフォークを笑顔で差し出す。ウルフウッドはゲテモノでも向けられているように酷い顔をして肩を引いた。正気かと歪んだ口が訴えている。
 それでも僕がポーズを変えずにいると、そっと片手でフォークを押しやった。首を小さく左右に振る。今なら見なかったことにしといてやると言いたげた。仕方なくそれは僕が食べる。まだほんのりと温かくって、甘さの中にもほろ苦さがあってとても美味しかった。もう一山削り、再びウルフウッドに差し出す。
「なんでや」
「バレンタインってのは一方的に行うんじゃなくて分け合うものだと思うよ?」
 フォークを差し出したままコーヒーを一口飲む。今度は退かないと強固な姿勢を、長い時間を掛けてハムを食べたりビールを飲んだりしながら諦めて受け入れたウルフウッドは、ほんの少しだけ顔を寄せて唇を薄く開いた。明らかにケーキが入らないサイズなので唇をつつくようにしたら怪獣みたいに大口を開けて食べてくれた。すぐに僕のコーヒーを奪って流し込む。照れているのだ。
「美味しいでしょ」
「残りは全部オンドレが一人で食え」
「キミってなんか、時々健気だよね」
「会話せぇや」
 眉を顰めるウルフウッドに笑って応えた。
 ここの会計はウルフウッドが奢ってくれた。
 僕が予約したレストランは駅を挟んで反対側だ。カフェで少し寛いでから外へ出た時刻ではまだちょっと早かったけれど、のんびり歩けばちょうどいい時間になるだろう。元来早足なウルフウッドを引き止めながら、空が暗色になり、街灯がきらめく道を歩く。ここまだ大通りから外れていて静かだ。人混みの中を歩くよりも距離が近いような気がして嬉しい。
「明日は仕事だなんて嘘みたいだねぇ。一緒にサボっちゃおうか」
「ワイは会社から信頼されとるけど、オンドレがそれやったらまたクビになるんやないの」
「ひどいなぁ。僕だって少しぐらいは信頼されてるよ」
 職を転々としているのは事実だけど。とは胸中のみで呟く。多少は意地があるのだ。
「今日こんだけ遊んだんやから、それを糧に精出せや」
「ウルフウッドは本当に働き者だねぇ。キミも今週は僕とのデートで頑張れそう?」
「ワイはいっつも頑張っとるわ」
 吐き捨てるように言うものだから、おかしくなって偉い偉いと褒めたら眉間の皺が深くなった。僕はもっと笑う。
「でもさ、本当に残念じゃない? 明日があるからってそこそこの時間に家に帰るなんてさ。もうちょっとふわふわした気持ちで帰りたいよね」
「なら、遅い時間に帰ればええんやないの」
 ふいと横顔を確認する。ウルフウッドは無表情で前を向いたままだ。昔は首も顔も耳も真っ赤にしていたくせに、随分と成長したものだ。
 元々近い二人の距離をさらに半歩詰め、からかうように顔を覗き込む。
「遅い時間って、どのぐらい?」
「終電には絶対に間に合わすで。宿泊で会社に直行なんて絶対に嫌や。スーツやないし」
「やらしーぃ」
「真っ直ぐ帰ってもええで」
「ダメです」
 ウルフウッドは両手をポケットの中に入れていた。彼は手袋を好まないから素手だ。その中に僕の手も忍ばせようと腕を伸ばしたら渾身の力ではたき落とされた。食後にめいいっぱい復讐してやる。
 やがて大通りに出た。店舗はどこもバレンタインとハートマークのディスプレイで飾っており、すれ違う人達もハートを飛ばし合っているような雰囲気を出している。もちろんそうでない人達も多いはずなんだけれど、自然と同類の方に眼がいってしまうみたいだ。ウルフウッドにはこの人混みはどのように映っているのだろうか。
「さっきのフォンダンショコラも美味しかったけどさ、バレンタインのプレゼントはキミからのちゅーがいいなぁ」
「チョコもう一個買ったるな」
 素っ気ないことを言うウルフウッドにむくれるが、すぐに笑う。なんだかんだ言って、返事してくれるときはちゃんとやってくれるのだ。
「今年のバレンタインは休日で良かった。デートできたし!」
「バレンタイン程度で浮かれすぎや。明日んなったら店全部地味になっとるで」
「そうかもしれないけどさ。だったらなんで、キミは今日デートしてくれたの?」
 ちょっとした意地悪心で訊いてみた。怒って適当にごまかして、その必死な姿はさぞ可愛らしいだろうと予想したけれど、意外にもウルフウッドはほんの少し眉間に皺を寄せるだけだった。不服そうに口を開く。
「なんや、言わな判らへんのかいな」
 うっかり声が込み上げてきて、それを我慢したら妙な呻き声になった。ウルフウッドは不服そうなまま前を向く。僕は下を向いて、大きな深呼吸を繰り返して気持ちを鎮めた。嬉しすぎて体温が二度ぐらい上がったかもしれない。
「レストランとホテルに行く順番逆にしない?」
「アホ。予約したんやろ?」
「したけどさぁ。キミってたまに、とってもずるいよね」
「なにがや」
「全部」
 僕達のバレンタインデートはささやかで劇的なものではないけれど、そこには確かに二人分の愛情がたっぷりと詰まっている。
 二月十四日の日曜日は、フォンダンショコラに負けないぐらい甘い甘い一日になった。

 僕は久々に怒った。自他ともに温厚だと認める僕がこんなに怒るのは珍しいんじゃないかと、後になって思ったぐらい怒った。でもその内容はものすごく子供じみたものだ。毎週楽しみにしていたドラマの、よりにもよって最終回の予約録画を、ウルフウッドが解除してしまったのだ。
 ウルフウッドはバイクや車には強いが、機械、特にソフトには弱い。機械音痴というよりアナログ脳なのだ。未だにテレビは叩けば直ると信じているし、折角スマートフォンを買ったというのに新しいアプリを一度もダウンロードしていないという有り様だ。テレビ録画に関してもビデオテープに保存する感覚が残っているらしく、いくら説明しても理解してくれなかった。それでもテレビに関心を持っていなかったから今までは問題なかった。だが珍しく興味を持った特番があったらしく、予約をしたかったが方法が判らず、僕もいなかったためリモコンをデタラメに押したらしい。自分が見たい番組は見事予約が出来たようなので満足したが、誤ってドラマの最終回の予約を解除してしまったことには気づかなかった。そして今回のケンカだ。感情に任せて叱ってしまったが、すぐに謝罪の言葉が出てくれば僕だって許した。けれど肝心なときにいなかったのが悪いと何故か僕が責められた。ウルフウッドの性格を考慮すれば僕の叱り方が悪かった自覚はあるが、最終回を逃した悲しみは重かった。こうなったら謝ってくれるまで絶対に口を利かない! と決めたのだ。
 小学生のようなこの怒りの表現は、ウルフウッドがよくやるものだ。僕たちは一緒に暮らしているからストレートで実に判りやすい。一緒のベッドで眠るのは相変わらずだけど、朝起きても挨拶せずにそっぽを向いて、朝ごはんも用意するけれど無言で食べて、もちろんおはようといってらっしゃいのキスもなしだ。夜も概ねそんな感じで過ごした。入浴中に僕が乱入してくるというイベントもない。
 正直、ウルフウッドの性格を考えるとこの表現は効果がないと思っていた。僕の無視程度、痛くも痒くもないだろう。仲直りするには僕が自分の気持ちと折り合いをつけて、そのうち自然といつも通りになるのがベストだろうと予想していた。
 しかし人間というのは、習慣になった出来事が不意になくなると不快感を覚えるらしい。数日経つとウルフウッドは狼狽えた。明らかにそわそわしだして面白かったんだけれど、ここで甘やかしたら同じことを繰り返すだろうし、謝るということを覚えた方がいい。僕は無視を続けた。
 するとある日、テーブルの上に妙な物を置かれた。長方形に切り取られたコピー用紙で何か書かれている。手に取ってみると汚い字で『なんでも言うこときいたる券』と書いてあった。その下に手書きで点線が引かれ、さらに同じ文字が二行書かれてあった。子供が作る肩たたき券の応用だ。二人暮らしなのだからこれを用意したのは子供じゃないともちろん知っている。これを作った経緯も、理由も。ゴメンの一言を記したメモすらなかったが、態度で示してくれたので許してやらないこともない。それになにより、と三枚綴りの券を口に当てながら胸中で密かに思う。
 折角のスペシャルな券だ。使わない手はない。


 実際にその券を使うことにしたのは、それから数日経ってからだ。理由はいくつかある。一つは準備が必要だったこと。なんでも言うこときいてくれるのなら、準備が必要なぐらい真面目なものをお願いしたい。二つ目は週末に実行したかったから。夜更かししても大丈夫な方が安心して楽しめるだろ? 三つ目はウルフウッドを焦らすため。あんなものを置いたら普通はすぐにリアクションがあると思うはずだ。でも気付いてくれなかったかのように反応が皆無ならば、誰だって不安になるに決まっている。他の謝罪方法も考えているかもしれない。意地悪かもしれないけれど、そういうときに使った方が効果的なのだ。
 待望の金曜日、それも夜になるとウルフウッドの落ち着きのなさはエスカレートした。今日もまたこのぎこちなさを抱えたまま一日を終えるのだろうかという頃、僕はウルフウッドを呼び止めた。右手には三枚綴りのなんでも言うこときいたる券を提示し、表情でまだ怒っていると主張するのも忘れずに。
「これ、今日三枚とも使いたいんだけど」
「お、おう」
 やっと反応があったことに、ウルフウッドは一瞬だけ嬉しそうな雰囲気を出した。仏頂面のままだし声も低いから僕以外の人間には判らなかっただろう。ささやかな喜びは、僕はまだ怒っていると察するとすぐに消えた。可愛いことこの上ないがここで表情を緩ませたら負けだ。僕はそのまま、これ着てと買ってきた服を渡した。ウルフウッドはそれを受け取り広げると、絶句した。
 僕は二つの物を渡した。一つはだぼだぼの黒いTシャツ。筋肉質なウルフウッドが着てもなお大きいサイズだ。背面の裾には猫の尻尾を模したふわふわのアクセサリーがついている。もう一つは猫耳カチューシャ。もちろん服に合わせて真っ黒なデザインだ。ウルフウッドの反応は予想通り、筆舌に尽くし難いとばかりに引き攣っていた。悪趣味な冗談だと言い出す前に、僕はチケットを一枚ちぎって差し出した。表情はもちろん怒ったままなのを忘れずに。
「ほら、さっさと着替えてよ」
 ウルフウッドは唸り続けたが、やがてチケットをそっとつまむとくるりと背を向けた。別室へ向かうらしい。
「ここで着替えれば?」
「いやや」
 ウルフウッドは未だに妙なところで恥ずかしがる。
 着るまでに勇気を要し、姿を見せるまでにまた時間が掛かると思っていたが、案外あっさりと戻ってきた。好き好んで着たわけではないと言い訳しているかのように唇を引き結び、顔を真っ赤にしている。頭のてっぺんには猫耳をつけ、忙しなく裾を引っ張っている姿は今すぐに抱き締めたくなるぐらい愛らしい。愛らしい、が。
「なんでズボン穿いてるの」
「穿くやろ、普通」
「だぼだぼのTシャツには穿かないよ、普通!」
 口論になったが、依頼するときに指定しなかったのが悪い、脱いで欲しかったらもう一枚チケットを使用するという方向で和解した。チケットは三枚とも使い道を決定してある。ここは僕が妥協するしかない。まぁズボンなんて後でいくらでも脱がせられるしね。
 チケットを一枚ちぎり、ウルフウッドに渡す。
「じゃあ次。僕の膝に座って。向かい合わせでね」
 これにも躊躇いを感じたのかウルフウッドは顎を引いたが、初めての経験ではないので素直に応じた。脚を開き、遠慮がちに座る。顔を伏せて目線を合わせたがらないけれど、僕は意に介さず腰に両腕を回し引き寄せた。二人の腹が重なる。僕は無遠慮にウルフウッドの太腿に手を這わす。やっぱりズボンはいらないと思うが脱がすのはまだだ。
 最後のチケットをウルフウッドの胸に押し当て、下から顔を覗き込んで微笑む。
「キミの方からたくさんキスして。とりあえず十五分ね」
 息が詰まる気配がした。僕がさらに顔を寄せると、ウルフウッドは軽く体を引いて逃げる。
「なんでも言うこときいてくれるんでしょ?」
「…………判った。十五分な。タイマーつけぃ」
「そんな風俗みたいなことしないよ。キミと僕の関係はそんなんじゃないもん」
 ぐぅっと呻き声が上がった。逃げられないように抱き締める力を強くする。
「ほらほら早く。時間稼ぎなんてセコイことはしないでよね」
「せぇへんわ」
 まずは口の端に唇が落ちた。物足りないがまぁいいだろう。十五分はそれなりに長い。次に目尻に口付けされた。次は額、鼻、頬。一つ一つ慎重に行う。確かに僕の依頼通りウルフウッドからの沢山のキスだけれど、こんなのでは満足できない。腰に回していた腕を下ろし臀部を鷲掴みにする。ヒッと短い悲鳴があがり、ウルフウッドの背筋はピーンと伸びた。
「んなとこ揉むなアホ!」
「じゃあ真面目にキスしてよ」
 低い声で小さく唸っていたが、やがてちゅっと軽く口にしてくれた。もっとと言うともう一度同じようにされ、足りないと文句をつけると長く押し当てるキスに変わった。離れるとき、ウルフウッドの唇を舌先で舐めたら弾けるように逃げられた。軽いキスだけで終わるはずがないことぐらい想像ついているだろうに。舌を出したまま見上げると、こちらの目的を正確に読み取ってくれた。ヤケクソみたいに唇を重ね、舌を入れてくる。僕の舌に擦り寄るようにしていたけれど、軽く吸ったら同じように返してくれた。ウルフウッドは痺れるようなキスよりもじゃれ合うように軽く吸うのが好きなのだ。
 息継ぎしながら何度もそうやって舌先を吸ってくれたけれど、僕が返さないと不安そうに唇を離した。息が届く距離でトンガリと小さく呼ぶ。僕はウルフウッドのズボンの縁に指を掛け、下着ごと脱がそうとする。慌てて手首を掴まれた。
「それはチケットが必要言うたやろが!」
「そうだね。でもそれは僕がお願いする場合だろう? キミの方から脱ぐ分にはいらないと思うんだけど」
 どうする? と微笑んで目線だけで問えば、ずるいやろと掠れた声が返ってきた。いつもいつも、僕がお願いするから、僕がして欲しそうにするからと責任転嫁して流されたふりをする方がよっぽど狡いと思うけれど。そろそろキミは素直に自分がしたいからするのだと態度を改めた方がいい。
 もう一度脱がそうとするとやはり掴む手に力を込められて阻まれた。体を預けるように僕に寄りかかり、肩口に額を当てた。彼にしてぼそぼそとした声で喋る。
「ベッドでなら、脱いでやらんこともないで」
 ズボンにかけていた手を離し、膝を抱き締めて立ち上がった。手の甲に尻尾があたる。
 ベッドの上では素直にズボンを脱いでにゃぁにゃぁ鳴いてくれた彼はそりゃぁもう可愛かったけれど、それを知っていいのは僕だけだからね。



最近の記事