上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焔 「最近、マンネリ化してきたと思う」
悟浄「俺の膝に頭を乗せたまま言うセリフか?」
焔 「最初のときみたいにもっと、新鮮な気持ちに戻りたい」
悟浄「今ラブラブなんだからそれでいいじゃねぇか」
スポンサーサイト

焔 「飴を買ってきた。チューしよう」
悟浄「はぁ?」
焔 「悟浄が好きそうな媚薬入りを買ってきた。さぁ飴チューしよう」
悟浄「お前は変なところに全力を出すよなぁ」

 かたり、と宿屋の窓が静かに開けられた。ベッドに寝転んでいた悟浄が視線を持ち上げれば、焔が笑顔で窓枠に足を乗せていた。
「久しぶりだな、悟浄。野宿続きで寂しかったぞ」
「こっちだって好きで野宿してんじゃねぇよ。それ何?」
 悟浄は上半身を起こしながら、焔が手にしている小さなビニール袋を指した。焔はシーツに靴跡を残さないように気をつけながらベッドに腰かける。
「アイスだ。最近ずっと暑いから。悟浄も今食べるか?」
「あとで食う。そこの冷凍庫に入れといて」
「ん」
 焔は自分の分だけ袋から取り出すと、冷凍庫の中に残りをしまった。そして悟浄に密着するようにベッドに座り直す。
「近すぎだろ」
「いいではないか」
 呆れ顔の悟浄に構わず焔はアイスのふたを開けた。アイスはゆるく溶け始めており、慌てて買ったときについてくる木製スプーンで食べ始める。
「それよりお風呂まだだろう。埃臭いぞ」
「あとでお前と一緒に入るからいいの」
「ならば許す」
 焔は無邪気に笑うと、唇にアイスをつけたままキスをしてきた。悟浄は焔の額をつかみ引き剥がす。
「アイス食いながらすんな」
「なぜだ?」
 スプーンをくわえながら問いかける焔を見下ろしながら、悟浄は眉間にしわを寄せる。不機嫌さと戸惑いが混じっているような表情で、本人も自分の感情を理解しきっていなさそうだ。その表情そのままの声色でぽつりと呟く。
「アイス食うたびに思い出すだろ」
 焔はアイスをテーブルに置くと、両腕を悟浄の首に回してもう一度口づけた。今度は悟浄の声に怒気が混ざる。
「人の話聞いてなかったのかよ!」
「聞いていた。だから食べるたびに思い出させようと。おれも毎回思い出せるしな」
 そうしたら寂しくないと言葉を続けられ、悟浄は深い溜息をついた。乱暴に黒髪を撫でる。
「そんなに寂しい思いさせてねぇだろ。風呂に入りたいからさっさと食え」
「ん。頑張る」
 焔は嬉しそうに微笑むと、アイスをきれいに平らげた。

 仕事帰り、いつもと違う駅で降りて改札まで歩くと、もう焔は約束の場所に立っていた。その焔は悟浄を見つけると、頬を極限にまで緩ませる。
「な?にニヤケてんだよ」
「だって、今日は悟浄の誕生日だから」
 なんでもないことのように言ってのける焔に、悟浄はわざとらしくため息を吐く。
「普通、誕生日って当事者が喜ぶんじゃねぇの?」
「好きな人の祝い事なら、当事者じゃなくても喜ぶぞ」
「さいですか」
「うん」
 普通なら赤面するような焔の発言は、昔は信じておらず少し前は悟浄の方は恥ずかしがっいたが、今はもう慣れてしまった。同僚にふと焔の話をするとのろけるなと笑われるから注意が必要だ。
 だがこの瞬間はそんなことを気づかう必要はない。悟浄は躊躇わずに片手を差し出す。
「じゃ、浮かれてる焔サン、俺のことエスコートして」
「んっ」
 悟浄の行動に焔は一瞬だけ驚くが、すぐに快活に頷くと悟浄の手をとった。そして真っ直ぐに歩いて行く。
「今年の十一月は暖かっくてよかったな」
「ん?」
「手袋をしないで手をつなげる」
「寒くてもしてねぇだろ」
「でも悟浄は嫌がるだろう」
「そりゃあな」
 それは寒いのが嫌というより、寒いのにも関わらず手袋をしないで手をつないでいるバカップルぶりが恥ずかしくて嫌なのだが、焔からすればどちらも同じことなので黙っておくことにした。
「で、今日のご予定は?」
「最初に美味しいご飯を食べて、そのあと悟浄が観たいと行っていた映画を観て、家でイチャついて就寝だ」
「あーあ。明日が休みだったら、もっと堪能できるのにな」
「仕方がない。そのかわり週末に詰め込もう」
 振り向かずに前を進む焔に、ふと悟浄は尋ねる。
「なぁ、俺へのプレゼントはいつ?」
 焔はぴたりと動きを止めると、いたずらを仕込んだ子供のように意地悪な笑みを浮かべて振り向いた。
「それは後のお楽しみだ」
「ふぅん」
 何を企んでいるのか判らないが楽しませてくれるつもりなら大人しくしておこう。だが、と悟浄は歩き出した焔に構わず、その場に留まった。進まない悟浄を不思議そうに焔は見やる。
「悟浄?」
「なら、いまもらえるプレゼントを寄こしてくんねぇ?」
 曖昧な発言に焔は最初は首を傾げていたが、悟浄の表情で意味を悟ったらしい。焔は顔を赤くして唸り声をあげる。
「最近悟浄の中では、おれを甘やかすのが流行っているのか?」
「かもな」
 適当に答えると、焔は目をつむって唇を重ねた。離れがたいのか、そのまましばらく時を止めてからやっと息をついた。そして悟浄の胸元に額を預ける。
「ホテルに行く内容を繰り上げたい」
「メシと映画はずらせないでしょ」
「うん」
 焔は顔を少しだけ持ち上げて、左右異色の瞳で赤いそれを見返す。
「悟浄の誕生日万歳」
「俺も同じことを言えるように頑張って」
「ん。絶対に喜ばせる」
 焔は繋いでいる手を握りしめると、はにかみながら微笑んだ。
[ 続きを読む ]

 悟浄はなんとなく買ってきたファッション雑誌に眼を通していると、焔がその手元を覗き込んできた。焔の目線は雑誌ではなく、悟浄の手そのものに注がれていた。
「悟浄、爪長いぞ」
「そうか?」
 そう指摘されて悟浄は改めて自分の指を見た。普段意識していない爪は、確かに若干伸びている。しかしこれより長く伸びている輩はいくらでもいるし、悟浄自身はこの長さを不便だと感じてはいない。
 しかし焔は気になるらしく、目線を逸らそうとしない。
 焔自身が暇を持て余しているのもあるのだろう。悟浄は仕方なく片手を焔の眼前に差し出した。
「切る?」
「うん」
 迷うことなくうなずいた焔は、一度離れると爪切りを持って戻ってきた。そして悟浄の膝と膝の間に腰掛ける。
「おい、なんでここに座るんだよ」
「座りたいからだ」
 答になっていない答えを返した焔は、それでも真剣な眼差しで悟浄の手をとった。なので悟浄は片手を焔の好きにさせることにした。
「指まで切るなよ」
「うん。気をつける」
 焔はいきなり爪を切ったりせず、子供が遊ぶように指先をいじった。気にせずに雑誌を読み続けていると、やがてパチリパチリと軽い音が響いた。しかしそれも束の間のことで、また指をいじりだし、座り心地悪そうに何度も座り直す。
「あんまりもぞもぞすんな」
「すまないなんか、爪切りって官能的じゃないか?」
「……お前って、変なときにスイッチ入りやすいよな」
 焔が唐突に反応することは今までに何度もあった。食事をしているときや煙草に火をつけるときにスイッチが入ったりするから、悟浄は自分よりよほど焔の方が性欲が溢れているのではないかと思うのだが、悟浄以外の前でそんな反応を見せることはないから周りには認知されていない。
「まだちゃんと入っていないから、大丈夫だ」
 そうは言うものの、焔の声には熱がこもっている。
 爪切りと欲情が結びつかない悟浄は焔の片にあごを乗せながら、あとでその気にさせてもらうかと考えながら、雑誌を放って軽く抱きしめた。
「全部切り終わったら相手してやる」
「指十本は多すぎる……」
「俺が寝る前にやり終えろよー」
 落ち着きのない恋人を抱き締めながら、悟浄は幸福そうに眼を細めた。



最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。